会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2021/10/14

 健康保険証は、マイナンバーカードで利用できるようになったり、保険者から従業員に直接交付されるようになったりと、取扱いの細かな変更が続いていることから、社労士はこれらの説明をすることとした。

 確か、10月からマイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになったのですよね。

 はい、当初は2021年3月の開始予定でしたが、運用上の解決すべき課題が見つかり2021年10月開始と延期になっていました。

 どれくらいの活用がされるのでしょうか。

 2021年8月1日現在のマイナンバーカードの日本の人口に対する交付枚数率が36.0%になっています。この数字からすると、3人に1人がマイナンバーカードを持っていることになります。ここから、健康保険証を利用できるように手続きをする必要がありますし、また医療機関側の準備も必要となりますので、普及にはまだ時間を要するかもしれません。

 マイナンバーカードの交付枚数率はもっと低いと思っていたので、びっくりしました。健康保険証として利用できるようになって、利便性が高まればもっと交付枚数率も上がるかもしれませんね。

 確かに私も同じような印象を受けました。新型コロナウイルス感染症の接種証明での利用も議論されているので、今後、普及するかもしれませんね。

 そうですね。ただマイナンバーカードを健康保険証として利用できたとしても、健康保険証はそのまま交付されるのですよね。

 はい、その通りです。これまで通り健康保険証も利用できるとなると、まずはマイナンバーカードを作って、健康保険証としても使えるように手続きを行うということにメリットを見出すことができない人も多いかも知れません。一方、この健康保険証の交付に関しては、10月から取扱いが若干変更されています。

 どのような変更でしょうか。

 社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格取得や家族の異動手続きをすると、手続きをした従業員やその家族の健康保険証が御社に送付されていますよね。その上で、会社から従業員に健康保険証を渡しているかと思います。それがテレワークの増加等で、一部の企業では従業員に社内で渡す機会が減ったり、社会保険の手続きをしている総務担当者が交付された健康保険証の処理のためだけに出社したりするということが発生していました。この課題を解決するために法令改正が行われ、協会けんぽ等の保険者から従業員に直接交付されることもできるようになりました。

 健康保険証を渡すことで、わが社の従業員になったということを伝えられるような気がしていましたが、一方で従業員の自宅等に送ってもらえると渡す手間は確かになくなるので、ありがたいですね。

 そうですね。ただし、保険者としてはこれまで会社に送付すればよかったものについて、従業員ごとに送付とするとなると、その手間は大幅に増えることになるため、実際は「保険者が支障がない」と認めたときに、従業員に送付することになります。

 なるほど、保険者がどう判断するかによって対応が変わるのですね。

 この内容に関連しての質問ですが、当社では、退職時にまとめて年次有給休暇を取る従業員も多くいます。退職日までは当然当社の従業員ですので、健康保険証はそのまま利用してもらい、退職日の翌日に会社に送るように依頼をしています。ただ、なかなか送ってくれない従業員もいて、資格喪失の手続きが遅れることも多く、困っています。この資格喪失のときも、できれば従業員から直接保険者に送って受け付けてもらえると助かるのですが。

 どうやらそのような声は多いようですね。ただ、資格喪失や被扶養者の異動で健康保険証を返却することになったときは、事業主が回収し保険者に返納することになっています。

 なるほど、そうなると退職者に確実に会社に送るように伝えることがポイントになりますね。

 そうですね。会社は資格喪失の手続きとして、保険者に健康保険証を返却する必要があることを伝えておく必要があるのでしょう。督促を重ねても回収できないときは、そのまま資格喪失の手続きをすることになるので、退職者本人に保険者から督促が行われることも伝えておいてもよいかもしれません。

 まずはできる限り回収を進めることにしますが、やむを得ないときは回収不能として手続きすることにします。ありがとうございました。

>>次回に続く



 健康保険には、任意継続被保険者の制度があります。これは被保険者が資格喪失をする前の健康保険に、資格喪失後であっても加入し続けるというものですが、健康保険証は任意継続被保険者として資格取得手続き後、保険者から直接任意継続被保険者に届きます。退職者等には任意継続被保険者の制度や手続きの流れを説明しておくとよいでしょう。

■参考リンク
厚生労働省「マイナンバーカードの保険証利用について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html
法令等データベースサービス「健康保険法施行規則及び船員保険法施行規則の一部を改正する省令の施行について(令和3年8月13日保発0813第1号)」
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T210816S0020.pdf
法令等データベースサービス「健康保険法施行規則及び船員保険法施行規則の一部を改正する省令の施行に関する留意事項等について」
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T210816S0030.pdf
協会けんぽ「健康保険任意継続制度(退職後の健康保険)について」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat650/

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。


お問合せ
まつした社労士事務所
〒463-0043
愛知県名古屋市守山区喜多山南
TEL:052-700-4226
FAX:052-726-3793

対応エリア:愛知県、岐阜県
無料診断を実施中!!
人材の定着化を阻む最大の要因として、職場の人間関係を起因としたメンタルヘルス・ハラスメント問題が潜在しています。只今、愛知県・岐阜県の事業所様に、労務リスク無料診断を実施中ですのでこの機会をお見逃しなく・・・

QRコードを読み取って簡単アクセス

1 出生時両立支援コース 
2 介護離職防止支援コース 
3 育児休業等支援コース
4 再雇用者評価処遇コース
5 女性活躍加速化コース 

  詳しくはこちらから
1 正社員化コース
2 賃金規定等改定コース
3 健康診断制度コース

4 賃金規定等共通化コース
5 諸手当制度共通化コース
6 選択的適用拡大導入時
処遇改善コース
7 短時間労働者労働時間延長コース
  詳しくはこちらから
「65歳以上への定年の引上げ」「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを行う会社が利用できます。(65歳超継続雇用促進コース)詳しくはこちらから
ストレスチェック助成金
心の健康づくり計画助成金
職場環境改善計画助成金
小規模事業場産業医活動助成金

心の健康づくり計画助成金の詳細はこちらから






 
 
 

   専門分野

電子申請を活用した効
率的な社会保険・労働
保険関係手続

ハローワーク等を活用した採用支援及び採用面接の実施

助成金を活用した従業
員の採用・定着・戦力化支援

☑入社から退職までの実態・規模に見合った教育研修の提供

働き方改革関連法
 対応する最新の就業
 規則の企画・立案

健康経営優良法人認定取得に向けた取り組み支援

高年齢者の戦力化

治療と仕事生活の両
 立支援

メンタルヘルス教育
ハラスメント教育

安全衛生
教育
 ・熱中症予防
 ・腰痛対策
 ・ストレスチェック



 

初回無料相談は
こちらから
まつした社労士事務所では、初回のご相談(60分程度)につき、無料で対応させていただきます。(愛知県の企業様限定)
社会保険・労働保険
就業規則の整備など
お気軽にご相談ください。
女性ならではの親しみやすさと分かりやすい説明がモットーです。
お申込みはこちらから・・・

働き方改革について
2018年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。では、具体的に何から始めれば良いのでしょう。
まつした社労士事務所では、事業場の実態に合わせた働き方改革のご提案をいたします。

 

採用定着支援
ハローワークに求人を出したが、まったく反応無いとお嘆きの企業様へ・・・
まつした社労士事務所では、求職者の目線にたった求人シートの作成及び、面接の進め方、入社後の定着までトータルで支援を行います。

 

メンタルヘルス対策支援
現代は、極度のストレス社会です。
働き方改革を進めていく上で、メンタルヘルス対策は、安全衛生法、労働契約上での安全配慮義務の履行においても重要視されております。愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス対策促進員を務める松下が、効果的なメンタルヘルス対策をご提案いたします。