会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2021/04/08


 従業員から、親の介護のために、介護休業を取得したいという相談があった。介護休業を取得した従業員はまだいないため、社労士に相談することにした。

 先日、従業員から親の介護のために介護休業を取得したいという相談がありました。詳しい状況は今後確認することになりますが、そもそもどのような場合に介護休業が取得できるのか等、教えてください。

 わかりました。具体的な取り扱いは、就業規則(育児・介護休業規程等)を確認していただくことになりますが、御社では法令通りの基準となっていたかと思います。介護休業の取得については、まず従業員が取得できる対象者であるか、介護が必要な家族が対象家族の範囲に該当しているか、そしてその対象家族が要介護状態であるかの3つを確認する必要があります。

 相談があったのは、勤続10年目の正社員です。

 なるほど、それであれば取得できる従業員ですね。念のために雇用期間に係る要件を確認しておくと、契約社員のように有期雇用の場合には、取得の申し出時点で1年以上の雇用されていることが必要になります。また、無期雇用の従業員についても、継続して雇用された期間が1年に満たない従業員は、介護休業の申し出を拒むことができるとして、労使協定の締結を必要としています。今回の従業員はこれらに該当しないため、介護休業が取得できます。

 就業規則と労使協定を確認する必要があるのですね。今後は申し出のあった従業員の勤続年数をまずはチェックすることにします。

 さて、介護が必要な家族が対象家族の範囲に該当しているかという点ですが、今回は親の介護ですので対象家族に該当します。こちらも対象家族の範囲を確認しておくと、配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)、父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹、孫になります。そして、その対象家族が要介護状態にあるということがポイントとなります。

 要介護状態とは、介護保険制度で要介護状態に該当している必要があるのですよね?

 そのように誤解されている方は多いかもしれません。育児・介護休業法に定める要介護状態とは、負傷、疾病または身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態のことを言います。この常時介護を必要とする状態について、厚生労働省から「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」が示されていますので、この基準に従って判断することになります。

 判断基準があるのですね。

 はい。その判断基準の中で、常時介護を必要とする状態とは、以下の1.または2.のいずれかに該当する場合であることとされています。

  1. 介護保険制度の要介護状態区分において要介護2以上であること。
  2. 下表の状態(1)〜(12)のうち、2が2つ以上または3が1つ以上該当し、かつ、その状態が継続すると認められること。
※図はクリックで拡大します。

 なるほど、介護保険制度の要介護状態区分において要介護2以上であることに該当していない場合でも、介護休業を取得できる場合があるのですね。

 そうですね。従業員の申し出に基づき、状態を確認することになります。

 会社は、常時介護を必要とする状態に該当しているかを確認するために、要介護状態にあること等を証明する書類の提出を求めても問題ないのでしょうか?

 書類の提出を求めることは問題ありません。ただ、介護保険制度の要介護状態区分において要介護2以上である場合に限られませんし、必ずしも公的書類や医師の診断書等が提出できるとは限りません。したがって、申し出に医師の診断書の添付を義務づけることなどは望ましくなく、書類が提出されないことをもって休業させないということはできません。
 また、この「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」の中に、「この基準に厳密に従うことにとらわれて労働者の介護休業の取得が制限されてしまわないように、介護をしている労働者の個々の事情にあわせて、なるべく労働者が仕事と介護を両立できるよう、事業主は柔軟に運用することが望まれます」という記載があります。仕事と介護の両立支援の観点からなるべく介護休業の取得を拒まないようにという考えが示されています。

 なるほど。今回、従業員から初めて介護休業を取得したいという相談がありましたが、今後もこのような相談が出てくるように思います。その時に対応できるように、介護休業や介護短時間勤務などについて復習してみます。

>>次回に続く



 対象家族が要介護状態になったときに、介護休業以外で活用できる制度には以下のようなものがあります。制度の詳細は、就業規則で確認してください。

  • 介護休暇:通院の付き添い、介護サービスに必要な手続きなどを行うために、年5日(対象家族が2人以上の場合は年10日)まで1日または時間単位で介護休暇を取得することができる。
  • 所定外労働の制限:介護が終了するまで、所定外労働の免除を受けることができる。
  • 時間外労働の制限:介護が終了するまで、時間外労働を1ヶ月24時間、1年150時間までとすることができる。
  • 深夜業の制限:介護が終了するまで、午後10時から午前5時までの労働を行わないようにすることができる。
  • 所定労働時間短縮等の措置:短時間勤務制度・フレックスタイム制度・時差出勤の制度・介護費用の助成のいずれかの制度について、利用開始の日から3年以上の期間で、2回以上利用することができる。

■参考リンク
厚生労働省「育児・介護休業法のあらまし」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/000103504.html
厚生労働省「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」

厚生労働省「よくあるお問い合わせ(事業主の方へ)」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。


お問合せ
まつした社労士事務所
〒463-0043
愛知県名古屋市守山区喜多山南
TEL:052-700-4226
FAX:052-726-3793

対応エリア:愛知県、岐阜県
無料診断を実施中!!
人材の定着化を阻む最大の要因として、職場の人間関係を起因としたメンタルヘルス・ハラスメント問題が潜在しています。只今、愛知県・岐阜県の事業所様に、労務リスク無料診断を実施中ですのでこの機会をお見逃しなく・・・

QRコードを読み取って簡単アクセス

1 出生時両立支援コース 
2 介護離職防止支援コース 
3 育児休業等支援コース
4 再雇用者評価処遇コース
5 女性活躍加速化コース 

  詳しくはこちらから
1 正社員化コース
2 賃金規定等改定コース
3 健康診断制度コース

4 賃金規定等共通化コース
5 諸手当制度共通化コース
6 選択的適用拡大導入時
処遇改善コース
7 短時間労働者労働時間延長コース
  詳しくはこちらから
「65歳以上への定年の引上げ」「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを行う会社が利用できます。(65歳超継続雇用促進コース)詳しくはこちらから
ストレスチェック助成金
心の健康づくり計画助成金
職場環境改善計画助成金
小規模事業場産業医活動助成金

心の健康づくり計画助成金の詳細はこちらから






 
 
 

   専門分野

電子申請を活用した効
率的な社会保険・労働
保険関係手続

ハローワーク等を活用した採用支援及び採用面接の実施

助成金を活用した従業
員の採用・定着・戦力化支援

☑入社から退職までの実態・規模に見合った教育研修の提供

働き方改革関連法
 対応する最新の就業
 規則の企画・立案

健康経営優良法人認定取得に向けた取り組み支援

高年齢者の戦力化

治療と仕事生活の両
 立支援

メンタルヘルス教育
ハラスメント教育

安全衛生
教育
 ・熱中症予防
 ・腰痛対策
 ・ストレスチェック



 

初回無料相談は
こちらから
まつした社労士事務所では、初回のご相談(60分程度)につき、無料で対応させていただきます。(愛知県の企業様限定)
社会保険・労働保険
就業規則の整備など
お気軽にご相談ください。
女性ならではの親しみやすさと分かりやすい説明がモットーです。
お申込みはこちらから・・・

働き方改革について
2018年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。では、具体的に何から始めれば良いのでしょう。
まつした社労士事務所では、事業場の実態に合わせた働き方改革のご提案をいたします。

 

採用定着支援
ハローワークに求人を出したが、まったく反応無いとお嘆きの企業様へ・・・
まつした社労士事務所では、求職者の目線にたった求人シートの作成及び、面接の進め方、入社後の定着までトータルで支援を行います。

 

メンタルヘルス対策支援
現代は、極度のストレス社会です。
働き方改革を進めていく上で、メンタルヘルス対策は、安全衛生法、労働契約上での安全配慮義務の履行においても重要視されております。愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス対策促進員を務める松下が、効果的なメンタルヘルス対策をご提案いたします。