会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2020/03/12


 2020年4月より、改正健康増進法が全面施行され、飲食店やホテル、事務所や工場等の多くの施設で屋内が原則禁煙になる。そこで、会社としてどのような対応が求められるのかを説明することとした。

 こんにちは、今日は喫煙に関する法律でお伝えしたいことがあります。

 喫煙ですか?人事労務に関する法律で、喫煙に関係するものはありましたか。

 ピンときませんよね。一時期、メディアで飲食店等は禁煙にしなければならないという話題が大きく取り上げられていましたが、健康増進法という法律があるのです。

 そう言われると、聞いたことがあります。でも、当社はお店を持っていないので対象ではないですよね?

 実は2020年4月1日に改正健康増進法が全面施行され、飲食店等以外の企業でも原則屋内禁煙となります。これは、多くの人が利用するすべての施設において、原則、屋内禁煙が義務化されることに伴うものです。その際、施設内に喫煙室を設けることができるのですが、喫煙室を設ける場合、以下の要件を満たす必要があります。

a.法律に定められた技術的基準を満たした喫煙室にすること
b.施設の出入口に、「喫煙専用室」があることがわかる指定された標識を掲示すること
c.喫煙専用室の出入口に、「喫煙専用室」であることがわかる指定された標識を掲示すること


 なるほど、喫煙室の存在をわかりやすく表示していくことになるのですね。

 そうですね。a.については、喫煙室の出入口において屋外から室内に流入する空気の気流が0.2m毎秒以上であることなどの細かな基準が設けられています。そして、b.とc.が、指定された標識として示されていることが求められ、紛らわしい標識を掲示したり、標識が汚損したりしているときには、罰則の対象となるようです。指定された標識は以下のリンク先を確認ください。

■厚生労働省「喫煙室への標識の掲示義務について」
https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/point/#anchor5


 当社は、屋外に喫煙エリアを設けていますので、標識の掲示は対象外ということですね。

 そうですね。屋外に喫煙エリアが設置されているときに注意が必要なこととして、20歳未満の人は屋外であっても一切、喫煙エリアに立入禁止となっていることが挙げられます。

 例えば、喫煙中の上司に相談するために、20歳未満の従業員が喫煙エリアに立ち入ることは、問題があるということですね。

 そうなりますね。従業員であっても立ち入らせることができません。万が一、20歳未満の人を喫煙エリアに立ち入らせた場合、施設の管理者は指導・助言の対象になるとされています。施設の管理者ですから、例えば総務部長や社長が該当しますね。

 重要な責務を負うということですね。当社には20歳未満の従業員が数名いますので、本人に対しても、立ち入らないように注意喚起しておこう。

 そうですね。入社時のオリエンテーションで、立ち入らないように伝えておくと良さそうですね。

 さっそく、4月の入社時に伝えるようにします。

 その他にも、今回の改正健康増進法では、従業員の受動喫煙を防止するための措置を講ずることが努力義務とされ、また、労働安全衛生法でも、屋内における労働者の受動喫煙を防止するための努力義務が設けられています。これらの努力義務に関して会社が実施すべき内容が、「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」として策定されています。一度、このガイドラインに目を通されておくといいですね。

 わかりました。内容を確認しておきます。


>>次回に続く



 昨今、健康経営への関心が高まっていますが、中でも今回の受動喫煙対策は重要視されています。従業員の受動喫煙対策や禁煙対策に取り組むメリットとして、喫煙による疾病を予防し、従業員が健康に働き続けることで、会社としては健全な労働力の確保につながるとされています。
 経済産業省発行の「健康経営優良法人 取り組み事例集」の中で、受動喫煙対策の事例として、社内の隔離されたスペースに喫煙場所を設置して完全分煙を実施し、加えて、会社独自の禁煙方式「禁煙バトンの取り組み」(バトンを持った人が禁煙スタートを社内で宣言。禁煙成功で、次の人へバトンを渡すリレー方式)を行っているものが紹介されています。このような事例も参考にしながら、禁煙への取り組みも進めましょう。

■参考リンク
厚生労働省「なくそう!望まない受動喫煙。」Webサイト
https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/
厚生労働省「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/kitsuen/index.html#h2_free1
経済産業省「健康経営優良法人 取り組み事例集」
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/kenkokeieiyuryohojin_jireisyu.pdf

 

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
お問合せ
まつした社労士事務所
〒463-0081
愛知県名古屋市守山区川宮町162-202
TEL:052-700-4226
FAX:052-726-3793

対応エリア:愛知県、岐阜県
無料診断を実施中!!
人材の定着化を阻む最大の要因として、職場の人間関係を起因としたメンタルヘルス・ハラスメント問題が潜在しています。只今、愛知県・岐阜県の事業所様に、労務リスク無料診断を実施中ですのでこの機会をお見逃しなく・・・

QRコードを読み取って簡単アクセス

1 出生時両立支援コース 
2 介護離職防止支援コース 
3 育児休業等支援コース
4 再雇用者評価処遇コース
5 女性活躍加速化コース 

  詳しくはこちらから
1 正社員化コース
2 賃金規定等改定コース
3 健康診断制度コース

4 賃金規定等共通化コース
5 諸手当制度共通化コース
6 選択的適用拡大導入時
処遇改善コース
7 短時間労働者労働時間延長コース
  詳しくはこちらから
「65歳以上への定年の引上げ」「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを行う会社が利用できます。(65歳超継続雇用促進コース)詳しくはこちらから
ストレスチェック助成金
心の健康づくり計画助成金
職場環境改善計画助成金
小規模事業場産業医活動助成金

心の健康づくり計画助成金の詳細はこちらから






 
 
 

   専門分野

電子申請を活用した効
率的な社会保険・労働
保険関係手続

ハローワーク等を活用した採用支援及び採用面接の実施

助成金を活用した従業
員の採用・定着・戦力化支援

☑入社から退職までの実態・規模に見合った教育研修の提供

働き方改革関連法
 対応する最新の就業
 規則の企画・立案

健康経営優良法人認定取得に向けた取り組み支援

高年齢者の戦力化

治療と仕事生活の両
 立支援

メンタルヘルス教育
ハラスメント教育

安全衛生
教育
 ・熱中症予防
 ・腰痛対策
 ・ストレスチェック



 

初回無料相談は
こちらから
まつした社労士事務所では、初回のご相談(60分程度)につき、無料で対応させていただきます。(愛知県の企業様限定)
社会保険・労働保険
就業規則の整備など
お気軽にご相談ください。
女性ならではの親しみやすさと分かりやすい説明がモットーです。
お申込みはこちらから・・・

働き方改革について
2018年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。では、具体的に何から始めれば良いのでしょう。
まつした社労士事務所では、事業場の実態に合わせた働き方改革のご提案をいたします。

 

採用定着支援
ハローワークに求人を出したが、まったく反応無いとお嘆きの企業様へ・・・
まつした社労士事務所では、求職者の目線にたった求人シートの作成及び、面接の進め方、入社後の定着までトータルで支援を行います。

 

メンタルヘルス対策支援
現代は、極度のストレス社会です。
働き方改革を進めていく上で、メンタルヘルス対策は、安全衛生法、労働契約上での安全配慮義務の履行においても重要視されております。愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス対策促進員を務める松下が、効果的なメンタルヘルス対策をご提案いたします。