会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2020/08/13


 暑さが一層増すこれからの時期は、新型コロナウイルス感染症(以下、「新型コロナ」という)の感染防止を図るため、国が示している「新しい生活様式」をとり入れながら、熱中症対策を行っていくことが求められる。そこで、その労務管理上の注意点を確認することとした。

 本格的な夏となりましたね。今年は、新型コロナの感染防止を行いながら、熱中症対策も行っていく必要があるため、手探りでやっているところがあります。そのため、今日はその労務管理上の注意点を確認したいです。

 なるほど。基本的な内容になりますが、まず「新しい生活様式」を確認しましょう。「新しい生活様式」とは、新型コロナの防止の3つの基本である、1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗い、を確実に実施するとともに、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等を取り入れた日常生活のことを言います。
 これらを個別に見ていくと、1の「身体的距離の確保」では、人との間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)空け、会話をする際は可能な限り真正面を避けることなどが挙げられています。

 当社では、6人が1つの島を作る形で机を配置していますが、できるだけ1つの島に3人とするように心がけ、互い違いに座るようにしています。また1つの島で4人以上が業務をせざるを得ないときは、机と机の間に透明のアクリル板を置くなどの対応をしています。

 スペースは限られていると思うのですが、工夫されているのですね。実施できる対策に限界があると思いますが、できることは手を尽くしたいものです。
 2の「マスクの着用」については、新型コロナの対策には不可欠ですが、マスクをしていると熱中症になる懸念があることから、厚生労働省と環境省が発行しているリーフレットでは、屋外で人と2メートル以上離れているときはマスクを外すことを周知しています。

 マスクを着用しながらも、人と十分な距離がとれている場合は、熱中症予防のため外して、2つの対策をしていくことが求められているのですね。

 そうですね。人と十分な距離がとれておらず、マスクを着用している場合は、激しい運動を避けたり、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしたりすることなどの対応が求められます。

 事務所内では従業員にマスクの着用をお願いしていますが、本格的な夏となり、熱中症の対策も強化していかなければならないため、状況に応じた適切な対応を周知することが必要になりますね。

 私もその方がよいと思います。3の「手洗い」については、いたるところで手洗いの仕方のポスターを見かけるようになりました。このポスターにならって手を洗うようにすることを再度、徹底したいですね。

 そうですね。3密(密集、密接、密閉)については、社内でルールを決め、例えば会議は最小限にとどめ、行う場合は換気をしながら、時間を短くしたり、人数を制限したりすることで対策をしています。

 最後に、この「新しい生活様式」の中に、働き方の新しいスタイルが紹介されています。ここでは、以下の5つが挙げられています。

  • テレワークやローテーション勤務
  • 時差勤務でゆったりと
  • オフィスはひろびろと
  • 会議はオンライン
  • 対面での打合せは換気とマスク

 テレワークは比較的容易に対応できる部署と、工場のように物理的に難しい部署とがあります。事務所では一部でテレワークの実践をしていますが、工場ではできるだけ3密にならないようにローテーション勤務を実施するなど、試行錯誤しながらやっています。会議はまだオンラインで実施したことはないですね。

 私は、定期的にお客様と面談をする機会がありますが、訪問での面談ではなくWEBでの面談に切り替えたところが多くあります。最初は事前の準備で戸惑ったこともありますが、活用してみると確認したい情報をパソコンの画面に共有することができ、それほど違和感なくできました。いろいろな手段をうまく活用して、感染防止にもつなげていきたいですね。

 なるほど。他社での取組みなど、参考になる情報が出てきましたらまた紹介してください。

>>次回に続く



 企業では、新型コロナの感染防止のため、さまざまな対策を行っていると思いますが、厚生労働省では、「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」を公開しています(参考リンク参照)。チェックリストをチェックすることで、他にできる対策などをピックアップすることができるようになります。このようなチェックリストも活用しながら、自社で実施できる対策を進めましょう。

■参考リンク
厚生労働省「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(R2.6.25版)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00145.html
厚生労働省「新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
厚生労働省「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
お問合せ
まつした社労士事務所
〒463-0081
愛知県名古屋市守山区川宮町162-202
TEL:052-700-4226
FAX:052-726-3793

対応エリア:愛知県、岐阜県
無料診断を実施中!!
人材の定着化を阻む最大の要因として、職場の人間関係を起因としたメンタルヘルス・ハラスメント問題が潜在しています。只今、愛知県・岐阜県の事業所様に、労務リスク無料診断を実施中ですのでこの機会をお見逃しなく・・・

QRコードを読み取って簡単アクセス

1 出生時両立支援コース 
2 介護離職防止支援コース 
3 育児休業等支援コース
4 再雇用者評価処遇コース
5 女性活躍加速化コース 

  詳しくはこちらから
1 正社員化コース
2 賃金規定等改定コース
3 健康診断制度コース

4 賃金規定等共通化コース
5 諸手当制度共通化コース
6 選択的適用拡大導入時
処遇改善コース
7 短時間労働者労働時間延長コース
  詳しくはこちらから
「65歳以上への定年の引上げ」「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを行う会社が利用できます。(65歳超継続雇用促進コース)詳しくはこちらから
ストレスチェック助成金
心の健康づくり計画助成金
職場環境改善計画助成金
小規模事業場産業医活動助成金

心の健康づくり計画助成金の詳細はこちらから






 
 
 

   専門分野

電子申請を活用した効
率的な社会保険・労働
保険関係手続

ハローワーク等を活用した採用支援及び採用面接の実施

助成金を活用した従業
員の採用・定着・戦力化支援

☑入社から退職までの実態・規模に見合った教育研修の提供

働き方改革関連法
 対応する最新の就業
 規則の企画・立案

健康経営優良法人認定取得に向けた取り組み支援

高年齢者の戦力化

治療と仕事生活の両
 立支援

メンタルヘルス教育
ハラスメント教育

安全衛生
教育
 ・熱中症予防
 ・腰痛対策
 ・ストレスチェック



 

初回無料相談は
こちらから
まつした社労士事務所では、初回のご相談(60分程度)につき、無料で対応させていただきます。(愛知県の企業様限定)
社会保険・労働保険
就業規則の整備など
お気軽にご相談ください。
女性ならではの親しみやすさと分かりやすい説明がモットーです。
お申込みはこちらから・・・

働き方改革について
2018年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。では、具体的に何から始めれば良いのでしょう。
まつした社労士事務所では、事業場の実態に合わせた働き方改革のご提案をいたします。

 

採用定着支援
ハローワークに求人を出したが、まったく反応無いとお嘆きの企業様へ・・・
まつした社労士事務所では、求職者の目線にたった求人シートの作成及び、面接の進め方、入社後の定着までトータルで支援を行います。

 

メンタルヘルス対策支援
現代は、極度のストレス社会です。
働き方改革を進めていく上で、メンタルヘルス対策は、安全衛生法、労働契約上での安全配慮義務の履行においても重要視されております。愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス対策促進員を務める松下が、効果的なメンタルヘルス対策をご提案いたします。