会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2020/09/10


 新型コロナウイルス感染症(以下、「新型コロナ」という)の緊急経済対策の一つである特別定額給付金では、事前にマイナンバーが普及していればスムースに運用ができたのではないかという声も聞かれた。現状、従業員にマイナンバーの確認を求めたときには通知カードと運転免許証を提出してもらうことが多く、マイナンバーカードの普及状況が低迷していると想像されることから、マイナンバーについて確認することとした。

 最近、マイナポイントが始まったということで、マイナンバーカードのテレビコマーシャルをよく見かけるようになりましたね。今後、マイナンバーはマイナンバーカードで確認するという方向性なのでしょうか。

 そうですね、政府もマイナンバーカードの普及に力を入れていますので、そのようになるのでしょう。関連して、社会保険や税の手続きについて、個人番号(マイナンバー)を記載することはご承知かと思いますが、マイナンバーを確認するものの一つであった通知カードが、今年5月25日に廃止されました。

 現在、中途採用者が入社するときにはマイナンバーカードか通知カードと本人確認書類を持ってきてもらっているのですが、今後は必ずマイナンバーカードで確認をしなければならないのでしょうか。

 そうですね。マイナンバーカードで確認する他、既に発行されている通知カードで通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合には、引き続き通知カードをマイナンバーの証明書類として使うことができます。

 なるほど。今後も通知カードでマイナンバーを確認しようとするときは、記載されている内容について変更がないかも確認する必要があるということですね。

 おっしゃるとおりです。これらの事項に変更があるときは、マイナンバーカードまたはマイナンバーが記載された住民票の写し、住民票記載事項証明書でマイナンバーを確認する必要があります。

 マイナンバーカードを保有していれば問題になりませんが、運用としてはかなり手間になりますね。ところで通知カードが廃止されたことで、例えば、子どもが生まれたときなど、新たにマイナンバーが発行された場合にはどのようにそのマイナンバーを把握することになるのですか。

 通知カードは廃止されましたが、その代わりに「個人番号通知書」が届くことになっています。個人番号通知書にはマイナンバー、氏名、生年月日等が記載されており、交付申請用のQRコードも添えられています。

 それであれば、通知カードの代わりに個人番号通知書の写しを提出してもらうこともできるのでしょうか。

 残念ながら、個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類や身分証明書としては利用できません。やはり先ほど申し上げた方法にて確認いただくことになります。

 承知しました。

 ところで、今後マイナンバーカードは普及するのでしょうか。

 2020年8月1日現在の交付枚数率は全国で18.2%に留まっています。まだ十分に普及しているとはいいがたいですが、2021年3月からはマイナンバーカードが健康保険証として利用できる予定であり、ある程度の普及が予想されます。ただし健康保険証が廃止されるわけではなく、マイナンバーカードの場合、医療機関・薬局の窓口で「顔認証付きカードリーダー」でマイナバーカードを読み取り、患者の本人確認等ができる仕組みとなります。現状の健康保険証での被保険者資格の確認と並行して使われることになるのでしょうね。

 なるほど。被保険者の利便性というよりも、まずは医療機関・薬局側で利便性が高まりそうですね。

 それはあるかもしれませんね。被保険者としては転職や結婚等のライフイベント時に健康保険証の発行を待たずに医療機関を受診できたり、マイナポータルで確定申告の医療費控除が簡単にできるようになることを政府はメリットとして挙げています。

 そう考えると、爆発的な普及にはならないかもしれませんが、少しずつマイナンバーカードを使う場面が増えていくのかもしれませんね。

 そうですね。健康保険証の件については、従業員のみなさんから問い合わせがあるかもしれませんので、早めに仕組をご確認くださいね。

 ありがとうございます。まずは概要を押さえておくようにします。

>>次回に続く



 マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、被保険者が個別に利用申し込みをする必要があります。マイナンバーカードを持っている場合には、マイナンバーカード読取対応のスマートフォン等からマイナポータルにアクセスし、申し込みを行います。総務省や厚生労働省のホームぺージでは、これらの情報を提供しているので確認してみてください。

■参考リンク
総務省「通知カード(通知カードの廃止について)」
https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/02.html#haishi
厚生労働省「マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります!」
https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000663430.pdf
総務省「マイナンバーカードの市区町村別交付枚数等について(令和2年8月1日現在)」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000703057.pdf

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
お問合せ
まつした社労士事務所
〒463-0081
愛知県名古屋市守山区川宮町162-202
TEL:052-700-4226
FAX:052-726-3793

対応エリア:愛知県、岐阜県
無料診断を実施中!!
人材の定着化を阻む最大の要因として、職場の人間関係を起因としたメンタルヘルス・ハラスメント問題が潜在しています。只今、愛知県・岐阜県の事業所様に、労務リスク無料診断を実施中ですのでこの機会をお見逃しなく・・・

QRコードを読み取って簡単アクセス

1 出生時両立支援コース 
2 介護離職防止支援コース 
3 育児休業等支援コース
4 再雇用者評価処遇コース
5 女性活躍加速化コース 

  詳しくはこちらから
1 正社員化コース
2 賃金規定等改定コース
3 健康診断制度コース

4 賃金規定等共通化コース
5 諸手当制度共通化コース
6 選択的適用拡大導入時
処遇改善コース
7 短時間労働者労働時間延長コース
  詳しくはこちらから
「65歳以上への定年の引上げ」「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを行う会社が利用できます。(65歳超継続雇用促進コース)詳しくはこちらから
ストレスチェック助成金
心の健康づくり計画助成金
職場環境改善計画助成金
小規模事業場産業医活動助成金

心の健康づくり計画助成金の詳細はこちらから






 
 
 

   専門分野

電子申請を活用した効
率的な社会保険・労働
保険関係手続

ハローワーク等を活用した採用支援及び採用面接の実施

助成金を活用した従業
員の採用・定着・戦力化支援

☑入社から退職までの実態・規模に見合った教育研修の提供

働き方改革関連法
 対応する最新の就業
 規則の企画・立案

健康経営優良法人認定取得に向けた取り組み支援

高年齢者の戦力化

治療と仕事生活の両
 立支援

メンタルヘルス教育
ハラスメント教育

安全衛生
教育
 ・熱中症予防
 ・腰痛対策
 ・ストレスチェック



 

初回無料相談は
こちらから
まつした社労士事務所では、初回のご相談(60分程度)につき、無料で対応させていただきます。(愛知県の企業様限定)
社会保険・労働保険
就業規則の整備など
お気軽にご相談ください。
女性ならではの親しみやすさと分かりやすい説明がモットーです。
お申込みはこちらから・・・

働き方改革について
2018年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。では、具体的に何から始めれば良いのでしょう。
まつした社労士事務所では、事業場の実態に合わせた働き方改革のご提案をいたします。

 

採用定着支援
ハローワークに求人を出したが、まったく反応無いとお嘆きの企業様へ・・・
まつした社労士事務所では、求職者の目線にたった求人シートの作成及び、面接の進め方、入社後の定着までトータルで支援を行います。

 

メンタルヘルス対策支援
現代は、極度のストレス社会です。
働き方改革を進めていく上で、メンタルヘルス対策は、安全衛生法、労働契約上での安全配慮義務の履行においても重要視されております。愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス対策促進員を務める松下が、効果的なメンタルヘルス対策をご提案いたします。