会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2022/10/13


 坂本工業ではいままで法定休日を特定せずに運用してきた。これに対し、他社では法定休日を特定していることが少なくないという話を聞いたため、社労士に相談することにした。

 先日、同業者と話をする機会があり、法定休日を日曜日に特定したという話を聞きました。法定休日は特定する必要があるのでしょうか。

 結論から言うと、法令上、法定休日を特定する義務はありませんが、通達で法定休日を特定することが望ましいとされています。まずは法定休日と法定外休日の違いを説明しましょう。労働基準法第35条では、使用者は労働者に少なくとも週1回または4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならない、としています。この週1回または4週4日の休日のことを法定休日と言います。通常、この法定休日以外で与える休日を、法定外休日や所定休日と呼びます。

 当社では土曜日と日曜日の週2日を休日としているので、法定休日と法定外休日の両方があるということですね。

 はい。法定休日と法定外休日の実務上の違いは、割増賃金率にあります。法定休日に働かせた場合、法定休日出勤として3割5分以上の割増賃金を支払う必要があります。一方の法定外休日に働かせた場合は、休日出勤としての割増賃金を支払う必要ありません。ただし、法定外休日の労働が週40時間を超えるものであれば時間外労働としての2割5分以上の割増賃金を支払う必要があります。

 なるほど、そうなると当社のように法定休日を特定していない場合で、土曜日と日曜日の両方に休日出勤させた場合に、どちらを3割5分以上の割増賃金を支払うのかという問題が出てきますね。

 その通りです。法定休日を日曜日と特定している場合、日曜日の労働に対して3割5分以上の割増賃金を支払うことになります。これに対し、法定休日を特定していない場合、週の最後にある休日が法定休日として扱われます。そのため、週に1日の休日も取れなかった場合、最後にある休日の労働に対して法定休日出勤として3割5分以上の割増賃金を支払う必要があります。

 その際、週は日曜日始まりと考えるべきですか?月曜日始まりと考えるべきですか?

 この点については会社で決めることができます。そのため、就業規則等に、週の起算する曜日についての定めがあるかを確認してください。就業規則に定めがある場合、その起算する曜日が週の始まりになります。起算する曜日の定めがない場合には、日曜日が起算になります。日曜日を起算する曜日とした場合、土曜日と日曜日の両方に休日出勤させた場合、暦週(日曜日〜土曜日)の後ろに位置する土曜日が法定休日の労働となり、3割5分以上の割増賃金を支払うことになります。

 なるほど。当社では週1日の休日は必ず取らせるようにしていますので、土曜日と日曜日の両方を休日出勤させることはありませんが、もし両方を出勤させることがあれば、土曜日の労働に対して3割5分以上の割増賃金を支払う必要があるということですね。

 はい、そのとおりです。このように法定休日が特定されていないと実務上取扱いに困ることもあるため、法定休日はできる限り特定することが望ましいでしょう。

>>次回に続く



 2023年4月より中小企業についても、1ヶ月60時間を超えた時間外労働に対して、5割以上の割増賃金の支払いが必要になります。この「1ヶ月60時間」には、法定休日労働の時間数は含みません。そのため、時間外労働が多い場合、その労働が時間外労働と法定休日労働のいずれに該当するかによって、この1ヶ月60時間を判断する時間数も変わってきます。時間外労働および休日労働の時間数の集計が間違いなくできているかを確認しておきます。
 なお、そもそも過重労働の防止の観点から、月60時間を超える時間外労働は最小限とするよう、いまのうちに業務内容の見直し等を進めていきましょう。

■参考リンク
東京労働局「Q8.35%以上の割増賃金を支払う対象となる法定休日はあらかじめどの日か決めておくべきですか?」
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/yokuaru_goshitsumon/tingin/q8.html

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
お問合せ
まつした社労士事務所
〒463-0043
愛知県名古屋市守山区喜多山南
TEL:052-700-4226
FAX:052-726-3793

メルマガ用

QRコードを読み取って簡単アクセス

1 出生時両立支援コース 
2 介護離職防止支援コース 
3 育児休業等支援コース
4 再雇用者評価処遇コース
5 女性活躍加速化コース 
  詳しくはこちらから
1 正社員化コース
2 賃金規定等改定コース
3 健康診断制度コース

4 賃金規定等共通化コース
5 諸手当制度共通化コース
6 選択的適用拡大導入時
処遇改善コース
7 短時間労働者労働時間延長コース
  詳しくはこちらから
「65歳以上への定年の引上げ」「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを行う会社が利用できます。(65歳超継続雇用促進コース)詳しくはこちらから

 
 

   専門分野

電子申請を活用した効
率的な社会保険・労働
保険関係手続

ハローワーク等を活用した採用支援及び採用面接の実施

助成金を活用した従業
員の採用・定着・戦力化支援

☑入社から退職までの実態・規模に見合った教育研修の提供

働き方改革関連法
 対応する最新の就業
 規則の企画・立案

健康経営優良法人認定取得に向けた取り組み支援

高年齢者の戦力化

治療と仕事生活の両
 立支援

メンタルヘルス教育
ハラスメント教育

安全衛生
教育
 ・熱中症予防
 ・腰痛対策
 ・ストレスチェック



 

初回無料相談は
こちらから
まつした社労士事務所では、初回のご相談(60分程度)につき、無料で対応させていただきます。(愛知県の企業様限定)
社会保険・労働保険
就業規則の整備など
お気軽にご相談ください。
女性ならではの親しみやすさと分かりやすい説明がモットーです。
お申込みはこちらから・・・

働き方改革について
2018年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。では、具体的に何から始めれば良いのでしょう。
まつした社労士事務所では、事業場の実態に合わせた働き方改革のご提案をいたします。

 

採用定着支援
ハローワークに求人を出したが、まったく反応無いとお嘆きの企業様へ・・・
まつした社労士事務所では、求職者の目線にたった求人シートの作成及び、面接の進め方、入社後の定着までトータルで支援を行います。

 

メンタルヘルス対策支援
現代は、極度のストレス社会です。
働き方改革を進めていく上で、メンタルヘルス対策は、安全衛生法、労働契約上での安全配慮義務の履行においても重要視されております。愛知産業保健総合支援センターでメンタルヘルス対策促進員を務める松下が、効果的なメンタルヘルス対策をご提案いたします。